人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

公用語

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

公用語って知ってますか?

公用語(こうようご)とは、国、州など、ある集団・共同体内のの場において用いることが公式に定められた言語を指す。 その集団が有する的機関には義務が課され、的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。

Wikipedia

 日本だと日本語ですね。(法律では明確に定まってはいないらしいですけど)フランスだとフランス語、タイだとタイ語ですね。

 

では、アメリカの公用語ってなんだと思いますか?

 

 

 

英語だと思ったそこのあなた、違いますよ!

 

じゃあ何なんだって話ですよね。

正解は公用語は決まってません。英語でもいいし、中国語でもいいし、フランス語でもスペイン語でもいいんです。どうです?驚きましたか?僕もこれこの前の授業でやってとっても驚きました。さすが移民の国ですね。

実際アメリカではいろんな言語の方が住んでいます。英語だけを話す人。親が移住してきて韓国語を話す人、中国語を話す人。世界にはたくさんの言語があります。それにアメリカでは2言語を話す人が多く、3言語以上話せるようになって初めてすごいねって言われるそうです。様々な人が住んでるからこそ公用語なんて必要ないのかも知れませんね。世界ってすごく広いね。

公用語が気になるって方はこちらからどうぞ。

各国の公用語の一覧 - Wikipedia

 

みんな日本だけでくすぶってないで世界に出ていこうぜ。 

 

じゃあまたねー

 

広告を非表示にする