読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

クレジットカードの情報が盗まれた時の対処方法

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

クレジットカード使ってますか?

安全に使えば嬉しいですが、盗まれたりすると怖いですよね?

僕は先日不正使用をされてカードが止まりました。

なので今日はカード番号が盗まれた時の対処方法をご紹介します。

 

 

不正使用の疑いがあると連絡が来る

大手のカード会社は必ず不正使用の疑いがあると連絡をくれると思います。メールであったり、電話であったり。落ちついて対処しましょう。

 

 

電話する

連絡を受け取ったら、まずは電話してください。電話番号はカードの裏側に書いてあると思います。フリーダイヤルでもそうでない方でもどちらでもいいでしょう。繋がるまでには時間がかかるので時間に余裕のあるときに掛けましょう。

 

海外からの場合は1−877−533−0051のKDDIジャパンダイレクトにかけて日本のカード会社に繋いでもらいましょう。日本語で対応してくれます。指示に従って必要事項を伝えましょう。

フリーダイヤルには掛けられないので注意しましょう。

 

f:id:jelly3:20160505015538p:plain

 

問い合わせ内容を伝える

電話に対応の人が出ると問い合わせ内容を聞かれます。

メールで連絡が来ている場合はおそらくお問い合わせ番号というものが記載されているのでその番号を伝えます。なくても対応はしてくれますが、ある方がスムーズでしょう。

 

その後は色々確認されます。

はじめに生年月日を聞かれます。西暦ではなく昭和、平成です。

この金額をこの店で使ってますが使いましたか?とか。複数回使われている場合は全て確認されます。

最後に使ったのはいつですかとか

このカードで公共料金や携帯の支払いをしていますか?などなど

全てに正確な情報を答えましょう。

 

不正使用だった場合は、カードを止めてくれて使われた金額を払わないでいいようにしてくれます。ですが、そうなった場合カードは新規発行となるので注意してください。

留学中の方などは、日本の住所にしか届けてくれないので、カードが使えない状態になります。

 

 

カードの不正使用はどんなに注意していても起こる時は起こるので落ち着いて対応しましょう。必ず対応してくれるので安心してください。

 

 

読んでくれた方ありがとう。 じゃあまたねー。

 

 

 

 

広告を非表示にする