人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

カバディを全く知らない僕が遊び方を考えてみる

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

急にカバディというスポーツが気になったので全く知りませんが、遊び方をかってに考えてみます。※本当の遊び方ではありません。

 

知っていること

  • どこかの国の国技
  • 敵陣地ではカバディと言い続けなければならない

以上

全くもって知りませんw

まずどんな競技なのかも知りません・・・

致命的ですが、この情報から勝手にどう遊ぶのかを考えます。

 

 

遊び方(予想)

遊び方は鬼ごっこみたいな感じなんじゃないかな。

人数は5人かな

コートはわかんないけど多分全員で捕まえに行くんじゃない?

敵陣地でどれだけの人にタッチ出来るか。

カバディって言い続けてないといけないから難易度は上がるね。

ターン制だと思う

捕まった人は一度陣地から出て、次のターンにはまた戻ってくるみたいな

時間は・・・・

5分かな?

 

ここまでの情報をまとめると

  • 競技は鬼ごっこ
  • 鬼は全員
  • 1チーム5人
  • 制限時間は5分
  • ターン制(最大7ターン)
  • カバディと言い続ける
  • カバディと言い続けれなかったら交代

 

 

点数の競い方(予想)

  • タッチした人を一点と数える。
  • コートに7人いるから全員タッチできたら特別ポイントとして5点もらえる。
  • 点数の多いほうが勝ち

 

f:id:jelly3:20160511021857p:plain

 

 

 

コートの広さ(予想)

コートの広さはサッカーコートぐらいの広さかな?

狭すぎるとすぐ終わっちゃうし逃げるところも少ないからね。

敵陣地と自分の陣地があると嬉しいけど、最悪一つの陣地だけで交代しながら遊んでもいいかもね。

公園でするのが一番いいかも。

 

 

とまあ、勝手に考えてきたわけですがあながち間違ってないんじゃない?

全く知らないからどんな方向に行くのかと思ったけどもわりかしまとも。

自分で言うのも何だけどねww

 

 

というわけで本当の遊び方を見ていきましょう。

1チーム10 - 12名で、各チーム7名がコートに入り2チームで争う。男子は13×10m、女子は11m×8mのコートを、長辺の側の中間地点で二分し、両サイドにチームごと分かれて入る。

攻撃側のチームは、自分チームから攻撃者(レイダーという)を1名選び、レイダーが守備側のコートに入る。 守備側の7名は「アンティ」と呼ばれる。 レイダーが「カバディカバディ……」と連呼しながら(この連呼を「キャント」と呼ぶ)、守備側のチームのアンティにタッチして、素早く自分のコートに戻ってこられればタッチした人数分の点数が入る。 なお、攻撃者は一息分でキャントしている間しか攻撃できない。 守備側は、点数が入るのを阻止するために、レイダーの四肢・胴体をつかまえたり(「キャッチング」と呼ぶ)して、レイダーが自陣に戻るのを防げれば1点が守備側に入る。守備側のタッチされた選手及びキャッチングされた攻撃側の選手はアウトとなり、味方が得点するまでコート外で待機しなくてはならない。守備と攻撃を順番に繰り返し、男子20分ハーフ、女子15分ハーフで、点数の多い方が勝利となる。

ウィキペディア

 

 

知らないなりに、予想したけど大体あってるっていう謎ね。

動画みたら面白そうだったので、みなさんも遊んで見てはいかが?

 

 

読んでくれた方ありがとう。 じゃあまたねー

広告を非表示にする