人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

ホームシックは乗り越えれる!そのための5つのステップ

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

ボクはアメリカに留学していました。

はじめの1ヶ月は見るもの経験するものが全て新しく、毎日がワクワクでした!

 

でも1ヶ月経って生活にも慣れてくると、急に寂しくて毎日が辛くなってきました。始めの頃は友達もいなかったので相談できる人もいませんでした。それになんで自分はここにいるんだろう?早く日本に帰りたいとさえ思ってました。いわゆるホームシックってやつです。

あんなに楽しかった学校も行くのがとてもつらくて、ほぼ無理やりいってましたね。だれとも会いたくなくて、授業が終わったら真っ先に図書館に引きこもってました。

 

留学生の方はこんな時期は一度は訪れると思います。せっかく海外に何かを学びに行くんだからこんなことで潰れてほしくはありません。

ということで、ボクがやったホームシックになった時の乗り越え方です。

 

スッテプ1・自分の感情は普通だと受け入れる

f:id:jelly3:20160912191828p:plain

まずはじめに、ホームシックになることは異常ではありません。慣れ親しんだ日本を離れて、海外に来ているんです。言葉が理解できない不安、今まで当たり前だったことが出来ないいらだち、今までと違う習慣、知っている人がいないことのさみしさ。ほとんどの留学生が感じることです。

ボクも感じました。朝起きたら知らない天井、ボクの知らない人達、いつもと違うご飯。そこには不安や寂しさといったネガティブな感情しかありません。

 

でもそれを無理に、これは異常なことだ!こんな自分は自分じゃない!と思わないでください。

 

もともとヒトは弱いんです。強がってないで自分にもそういった面があることをわかってください。

そして自分がホームシックであると受け入れてください。ほかの留学生の人も同じ気持になっているということがわかると思います。

 

受け入れることで気持ちは落ち着きます。まあ、この認めるってことが一番難しいんですけどね(苦笑

ステップ2・誰かに相談する

f:id:jelly3:20160912190724p:plain

気持ちが落ち着いたら誰かに相談してみてください。

どうしても自分の気持が認められず辛い時はステップ1をすっ飛ばして2を行ってください。相談することで自分の気持も整理され、受け入れることが出来るようになります。

 

相談するのは誰でもいいんです。親でも、日本にいる友だちでも、留学経験者でも、クラスで隣りに座っているクラスメートでもいいです。もしくは学校のオフィスでもいいかもしれません。学校には必ず相談に乗ってくれる人がいます。

 

今思っていること、感じていることを正直に話してください。

「今めっちゃ辛いねん、ホンマは学校にも来たくないくらいやねん・・・」「家帰ったら毎晩泣いてんねん、ご飯も喉通らんぐらいやねん」「日本が恋しくて仕方ないねん、ずっと帰りたとしか思わないねん」

自分の感情を吐き出してください。相手は必ず聞いてくれます。

もしかしたら、自分そう思ってたなんて人と仲良くなれるかもしれませんよ。

スッテプ3・多くの友達をつくる

f:id:jelly3:20160912191140p:plain

友達を多くつくりましょう。

留学生の友達が出来るチャンスはたくさんあります。校内のクラブに参加するのもよし、学校で行われるイベントに参加するのもいいでしょう。

クラスの子と仲良くなるのもいいですね。

ぼくはカンバセーションクラブという留学生同士で集まって色々はなす交流会に参加していました。ビンゴやゲーム、コミュニケションをしながらみんなんで楽しむので、必然的に友達はできやすくなります。

 

あと、日本人の友だちはひとりでも多くいたほうがいいです。何かあったときに話すのはやっぱり言葉が通じる人同士のほうがいいと思います。かと言って、日本人だけで集まるのは止めましょう。

 

どうしても学校内にチャンスがない人やワーキングホリデーの人はMeet Upなんかも使うといいかもしれません。→仲間をみつけよう - Meetup

ここでは同じ趣味同士の人たちが集まることができるので、友達を増やすのにはぴったりです。

 

ただ、友達選びには気をつけましょう。特に女の子!日本人は軽いと思われてるらしく、やり目的で近づいてくる人も少なからずいます。

ぼくの友達は男なんですけど、アメリカ人の女の友達にセ◯レにならないか?と声をかけられたそうです。意味がわからない(´~`;)

ステップ4・外に出かける

f:id:jelly3:20160912191234p:plain

友達もできたら外にでかけましょう。1人でもいいよ!

家の近くのスーパー、ショッピングモール、ファーストフード店、博物館などの娯楽施設、公園や川、湖など。色んな所に行きましょう。

 

そして思い出してください。留学に来た最初の日の気持ちを。これからどんなことが起こるんだろうとワクワクしてたはずです、何かが変わるんだって楽しみなきもちがあったはずです。

新たな発見があるはずです。こんな綺麗な場所があるんだとか、ここは居心地がいいなとか、ここに日本のものが売ってるのか感じることがあると思うよ。

ステップ5・新しい生活を楽しむ

f:id:jelly3:20160912191528p:plain

もうここまできたら大丈夫です。

あなたの留学生活は始まったばかりです。めいいっぱい楽しみましょう!

それに留学生活は一度しかありません。同じように見える日も、必ずどこか少し違っています。

 

その国にしかない食べ物を食べるとか、地域のお祭にも新しい友だちと参加してみましょう。ぼくは独立記念日に行きました。Forth of Julyっていうんですが、独立記念日をお祝いして花火が打ち上げられます。めっちゃきれいでした!!遊びましょう!

もちろん勉強も大切ですがその国の文化に慣れ親しむことも大事だからです。せっかく海外に来ているので、そこでしかできない、いろんなことを経験しましょう。

 

それにどんな経験をしたとしても、それはいい経験になるはずです。ホストファミリーに怒られたことや、クレジットカードの情報が盗まれたこと、クスリを買ったと間違えられたこと、は自分にとっていい思い出になりました。

そしてこのことは留学から帰ってきたあともとても大切な思い出になるでしょう。

 

最後に

ホームシックは必ず乗り越えることができます。助けてくれる人たちはどこにでもいるし、ほとんどの留学生はホームシックを経験します。それにみんな乗り越えてきています。

 

絶対に大丈夫です。不安な気持ちにはなると思いますが、それに押しつぶされないでください。

ホームシックで海外生活を楽しめないなんてことにはならないように願っています。

 

読んでくれた方ありがとう。じゃあまたねー

広告を非表示にする