読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

覚えておくといいAboutの意味5つとイメージ

f:id:jelly3:20160828203350p:plain

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

今回もお勉強しましょう。

一緒に学んで賢くなろう計画。

 

今回勉強するのもやっぱり前置詞です。最近おなじみですね。

そして今回一緒に学んでいくのはaboutです。

 

およそやだいたいと訳される前置詞です。

 

基本的にはこの意味だけでいいのですが、ちょっとしたイメージを掴んでおきましょう。

 

Aboutの意味

周辺

(人の)身辺にとか(モノ・事)にはという意味になります。この時はThere is(are)の構文で使われることが一般的ですが、絶対というわけではありません。

 

There is something about him that I don't like. (私には彼のことが好きになれないところがある。)

Those about me are kind. (私の周りの人は親切です。)

 

位置

周辺を表すのもaboutです。上のはひと・ものの周辺のことでこちらは位置的な周辺です。〜のあたりとかあちこちに、なんて訳されます。

 

I lost my key about here. (この辺でカギをなくした。)

I want to go about Italy. (イタリアのあちこちに行ってみたい。)

 

関して

〜に関するものという意味にもなります。こちらは一般的なものを表します。専門的な内容のものはOnを使います。

 

This is a book about insects. (これは昆虫に関する本だ。)

 

およそ

おなじみのおよそ・だいたい、と訳されるものです。副詞としてもおよその意味があるので見分けがつきにくいですが、名詞の前に来ていたら前置詞です。

 

I met her about April. (4月頃彼女にあった。)

We eat lunch about noon. (正午ごろにお昼を食べる。)

 

従事して

やるべきことに従事する・関わっているという意味でも使います。その仕事をしている人のことを指したり、尋ねたりするときに使えます。

 

What is he about? (彼はなにをしているのですか?)What is he doing?と意味は同じです。

Please call a doctor and be quick about it. (医者を今すぐ呼んできてください。)

 

まとめ

まとめると、

  • 周辺
  • 位置
  • 関して
  • およそ
  • 従事して

とい意味が基本です。

イメージとしては漠然とした何かというのがいいでしょう。特に決まってないけど、こんな感じというのを示せます。

 

どうかな?わかった?

ちょっとでも覚えてくれたらうれしいです!

 

ではいつもの、

English is crazy but fun!

 

読んでくれた方ありがとう。じゃあまたねー

広告を非表示にする