読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

5分で充電できるバッテリー!?2018年に登場か?

f:id:jelly3:20170514163850j:plain

こんにちはゼリー(@taka_sabuakaです。

 

さあやってきました。英語記事紹介のコーナーです。

 

今回は充電の話だよ。

充電早くならないかなーとか思ってませんか?

そんなあなたに朗報です!

 

ということで本日の記事です。ドン!

www.independent.co.uk

 

5分で充電できるスマートフォンが近々登場します、という話。

 

これはすごい気になります。

5分で充電できるようになると、すぐ行動できますからね。

モバイルバッテリーをつなげながら動き回るなんてことはなくなります。

 

では内容を見ていきましょう。

 

内容

あるテクノロジーの会社によると、スマートフォンの充電が5分で出来るものが来年に登場するでしょう。

FlashBattery(フラッシュバッテリー)は0%から100%までの充電が、ティファールケルトのように早くお湯が沸くようなデザインから設計されており、一般のスマートフォンより100倍はやい充電ができるようになっています。

 

イスラエルの企業がこのバッテリーをデザインしており、ラスベガスでの展示会のときによりスリムになったバッテリーを展示しました。

 

StoreDotのCEOであるDoron MyersdorfさんはBBCのニュースで、みなさんが期待しているものは2018年の前期頃には発表できるでしょう、と言っています。

このバッテリーの寿命は他のものよりも短いのですが、企業はそんな問題は関係なく充電スピードが早いことが多くの人を興奮させるでしょうと考えています。

 

Myersdorfさんは以前にもこのバッテリーは有機栽培の分子が含まれているため、それぞれで違った反応が起こりうることを説明しています。

しかし、テクノロジーアナリティストのBen Wood氏はStoreDotはバッテリーがどれほど熱くなるかなどの問題に取り組む必要があるため、目標を達成できるかどうかは怪しいと考えています。さらに、この問題を解決できる企業は消費者技術産業を変えることが出来るだろうと付け加えています。

 

現在は、すぐにバッテリーがなくなってしまうスマートフォンのことを気にかけながら、電池をいかに残すかを考えなければなりません。

いまのバッテリーはリチウム電池が使われており、デバイスを軽く保つことができますがだんだんと充電能力は落ちます。これは2つの電極にどれくらいのリチウムイオンがあるかによってリチウムイオン電池の最大負荷が下がっていくからです。。このタイプの電池は充電されるほど能力が劣化し、イオンを保持することが出来なくなっていきます。

 

まとめ

2018年には発表されるんですね。

もうすぐです。ただ、この記事読むとあまり実用的には至ってないみたいですね。寿命が短いとかどれだけ熱くなるかとかわからないと書かれているので。

まだまだ改良が必要なようです。

 

実際に導入されたらすごい便利になると思うんだけどなー!

正直置くだけ充電はそこまで便利じゃなかったけど、これは絶対充電が楽になると思うんだよ。めーっちゃ急いでる時のあと少ししか電池がないって時はかなり焦るもん。

5分でフル充電できたら最高だね。

 

楽しみです!

ちなみに充電が遅い時はこれを試してみてね

 

読んでくれた方ありがとう。じゃあまたねー

広告を非表示にする