人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

タージ・マハルについて知っておくといい8つの事実

f:id:jelly3:20170205171026p:plain

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

さあやってきました。英語記事紹介のコーナーです。

 

今回はインドのお話。

インドの観光地といえば?

 

そう、タージ・マハル!

あなたはタージ・マハルの謎を知っていますか?

知らないならこの記事を読んでみててね。

 

ということで今回の記事です。ドン!

www.travelandleisure.com

 タージ・マハルの8つの秘密、というお話。

 

遺跡に秘密はつきものです。

インディージョーンズとか好きなんで、すごく気になります。遺跡に仕掛けがあったりするのかな?

では内容を見ていきましょう

 

内容

インドに初めて訪れる人は、死ぬまでにやりたいことリストに値するタージ・マハルに必ずと行っていいほど行くでしょう。アグラの壮大な墓はインドのいちばん有名な遺跡で、永遠の愛の壮大な祭壇です。

ムガルの皇帝のシャー・ジャハーンによって1632年から1642年の間に建てられたタージ・マハルはジャハーンの出産で死んだお気に入りの妻、ムムターズ・マハルに捧げられました。

 

しかし、このようなすばらしい言い伝えにも関わらず、その歴史の多くは謎に包まれています。今からいくつかの謎に包まれていることを紹介しましょう。

 

目の錯覚はいたるところで見つけられる

タージ・マハルの建築家や職人は目の見え方やトリックについてのプロでした。例えば、あなたがタージ・マハルのメインゲートに近づくと、ゲートはとても大きく近くに感じます。しかし、近づくにつれてサイズは小さくなっていき思ってたよりも小さくなります。また、墓を囲んでいる塔は直立しているように見えますが、実際は塔は外側に傾いています。これは美的バランスを保つだけではなく、自信などの災害からも守る形と機能を備えています。

 

最も有名な神話はウソ

シャー・ジャハーンが壮大な墓が最高傑作であるということを望んでいたという話が有名です。誰もタージ・マハルの美しさを作り出せないようにするため、シャー・ジャハーンは建築者と職人の手を切断し、目をくり抜きました。

この恐ろしい話が出回っているにも関わらず、歴史的な証拠は見つかっていません。そしてこれはロマンチックな悲劇的事件としてドラマ性を高めています。

 

両方の記念碑がカラ

タージ・マハルの中は、ムムターズ・マハルとシャー・ジャハーンを尊重した記念碑が立っていてとても豪華です。しかし、豪華なモニュメントはイベントのためであって実際の石棺はもっと静かな部屋にあります。

 

ほぼ完全に左右対称です

タージ・マハルはムガール建築の頂点で、時代の流れにあった完璧な左右対称で設計されています。ミナレットはドーム型の墓の近くに建っていて、真ん中のプールは真ん中の建物を反射しています。パラダイスの象徴である庭園は四分円になっていて、双子の赤い砂岩の建物は複雑な壮大な墓にバランスの調和をもたらします。

ただし、例外があります。シャー・ジャハーンの記念碑は特別に西側の中心にあり、均衡を失います。

 

タージ・マハルは定期的な手入れが必要

時代と汚染はタージ・マハルの白く輝く大理石を黒っぽい色に変えます。なので、遺跡をきれいにする日があり、それをmultiani mittiと呼び、泥パックをします。この泥パックは、伝統的なレシピでインドの女性が輝きを取り戻すために使うもので、これを使って汚れをブラシで落とします。

 

一日中色が変化する

タージ・マハルの魅力の1つは常に変化する色合いです。夜明けから夕暮れまで、太陽はこの大きな墓を変えます。タージ・マハルは日の出の時は真珠のような灰色と淡いピンク色に見え、昼間にはまばゆい白色に見え、夕暮れにはオレンジ色の聖堂のように見えます。

普段からきれいに見れますが、満月や日食のときの特別なチケットも売られています。

 

黒大理石でできた第二のタージ・マハルが予定されていた

地元の伝承によると、シャー・ジャハーンはヤムナ側の向こうに、シャドーイメージとなる建物を黒い大理石で作ろうとしていました。シャー・ジャハーンが彼の息子に退位させられ、アグラ砦に投獄されたあと、建設が中断されたと言われています。

 

愛の象徴であるのと同じくらい力の象徴でもある

話ではリーダーとしてのシャー・ジャハーンはロマンチックな人よりも手段を選ばない人でした。またタージ・マハルは彼の協会への献身と情熱を伝えるプロパガンダでもありました。対称性は力のシンボルですなわち、ムガルのリーダーシップの完璧さを象徴しています。そしてその巨大さと豪華さはシャー・ジャハーンが治めている期間に栄光をもたらしただけです。

 

⇓行きたくなったらここから予約⇓

まとめ

いや〜、壮大な物語があるみたいですね。

タージ・マハルってただの遺跡かと思ってたら全然違いました。勉強になりました。

 

実際行ったことはないけど、行ってみたいところの1つなのでね。こういう知識があるとまた見方も変わってくるね。

インド行った友達が、タージ・マハルは何があっても行かないと損するって言ってたのは本当みたいです。多分見るだけでも楽しめるけど、楽しみ方が増えそうです。

 

読んでくれた方ありがとう。じゃあまたねー

広告を非表示にする