読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の落し物を探して

書きたいことを書きたいように。留学中にあったこと、個人的に思ったこと考えたことを。

MENU

FBIがタトゥーから個人をプロファイリングしたり追跡したりしようとしてるよ

こんにちはゼリー(@taka_sabuaka)です。

 

本日の英語記事紹介のコーナー

皆さんタトゥー嫌いですか?

わかります、わかります。

でも今回はタトゥーにまつわるお話。

 

thenextweb.com

 

 

FBIはタトゥーから人を選んだり追跡したりプロファイルするためのソフトウェアを開発中とのこと。

 

The Electronic Frontia Foundation(EFF)はFBIが調査している反社会組織のような人の調査を含んだプログラムを作っています。

プログラムはFBIが調査している人のタトゥーを高度な画像認識で認識してギャング、サブカルチャー、宗教や儀式信念、あるいは政治的イデオロギーへの所属している人を見分けます。

 

f:id:jelly3:20160605081727p:plain

参照:EFF

 

はじめの構想は2014年に始まり「同じテーマを持った人や同じタトゥーを持った人が同じ結果を示すのか」というマップを作るために始まりました。

 

残念ながらレポートによるとこの研究は失敗してしまったようです。

彼らはタトゥーのデータに囚人や逮捕者が関与するデータが入っていることを開示ませんでした。連邦ガイドラインが増加精査し、かつての受刑者の搾取的治療を防止するために、倫理的な監督で扱おうとするこの種の研究が必要とされます。

 

EFFアメリカ国立標準技術研究所(NIST)はプロジェクトをより深く観察することを指示していますが、このプログラムを遅らせたり中止にしたりするなどの具体的な指示は出されていません。

 

ですがこれは遊んでいるだけではない倫理上重要な問題が起こってきます。

 

もしこのタトゥーの研究を止めさせたいなら

Stop the Government’s Tattoo Recognition Experiments | EFF Action Center

ここから参加できます。

 

 

世界は進んでますね。

刺青から個人を特定したり追跡できるなんてね。

犯罪の面からは役に立つんでしょうが、やはり普段の生活で使われると懸念されてる通り不快になりますもんね。

 

 

 

 

読んでくれた方ありがとう。 じゃあまたねー

 

広告を非表示にする